タグ別アーカイブ: library

i2cinterface99.py / i2cインターフェイスボード用Pythonライブラリー

I2CでLCD,LED,デジタルIO,アナログIO,圧電スピーカーを制御可能なインターフェイスボード”I2Cインターフェイス基板 LCD16x2付き (キット)“および”I2Cインターフェイス基板 LCD20x4付き (キット)“のPython用ライブライーについて説明します。

準備

raspbian OSのI2Cを有効化してください。

sudo raspi-config

Advenced Options からI2Cを有効にします。
PythonからI2C制御するためのライブラリーをインストールします。

$ sudo apt-get install python-smbus

使用方法

import i2cinterface99 #ライブラリーの読み込み
ii =  i2cinterface99.i2cinterface99() #モジュールの初期化
ii.led(1,1) #メソッドの呼び出し

Functions

led()
LEDの明滅
setSound()
圧電スピーカーからの発信音のパラメータ設定
sound()
圧電スピーカーからの発信音オンオフ
setPinMode()
IOピンの入力/出力設定
digitalWrite()
デジタル出力オンオフ切り替え
digitarRead()
デジタル入力
analogWrite()
アナログ出力値設定
analogRead()
アナログ入力
lcdInit()
LCD制御の初期化
lcdClear()
LCD表示のクリア
lcdSetCursorMode()
カーソルの設定、明滅設定
lcdPrint()
LCDへの文字列の表示
lcdWrite()
LCDへ文字コードで書き込み
lcdSetPosition()
LCDの表示位置を指定
lcdDisplay()
LCDの表示/非表示設定
lcdScroll()
表示の左右スクロール
lcdAutoScroll()
オートスクロールの有効/無効
reset()
I2C通信のコマンドバッファのリセット

ダウンロード

i2cinterface99.py20140109

専用ハードウェア

本ライブラリーは「I2Cインターフェイス基板 LCD16x2付き (キット)」を制御するためのものです。
製品についての詳しい情報はこちらでご覧ください.
I2Cインターフェイス基板 LCD16x2付き (キット)