Raspberry piの日本語化

sshで接続しているとあまり関係がありませんが、ローカルコンソールで使っている場合、日本語の文字化けが起ります。
その回避法として、jfbterm を使う方法が有ります.

Raspi-configではDefault localeとしてja_JP.UTF-8を選択しているとします.

sudo aptitude -y install jfbterm
jfbtermをインストールします.これは一度だけ行います.

シェルでjfbtermを実行すると、日本語の文字化けの無いterminalが起動します.
raspberry piを立ち上げるごとにjfbtermを起動する必要が有り面倒な面も有りますが、普段はsshなどでリモートログインで利用する場合は関係ありません.運用次第と言ったところでしょうか。